池袋の風俗嬢について少々

女性用の下着と紙幣

風俗が稼げなくなっと時代と言われていますが、それなりにスペックが高くお客さんあしらいが上手ければ、ヤッパリ稼げます。

稼げない女の子は、それ相当の理由があります。極端に可愛くなかったり太っていたり、何かしらのウイークポイントがなければ、そんなに客がつかないなんてことはないはずです。

顔形がそこおまでじゃなくても、気分が良かったり優しかったり、真心接客みたいな感じだったら、指名するはずですよね。ナンバーワンが必ずしも若い子で美人でということじゃないのは、よくある傾向です。

風俗嬢は「稼ぐため」に嫌な仕事をしているのですが、いつまでも出来る仕事じゃないのも事実。いろんな理由があってなかなかやめられない子もいますが、長く続けていると年を取ってきますし、ひとつの店で働き続けると、お客さんからも飽きられてきます。

不思議と店舗型のヘルスやソープランドだと長生きしますが、デリヘルは人気も流動的です。店を変わっているうちに、段々と店のレベルも落ちてきます。

最終的には年齢をあまり問われないピンサロに落ち着くなんてことも、少なくありません。そんな仕事だからこそ、稼げるときに精一杯努力して稼ぎを増やし、それをきっちり貯めておくというのが一番いいのですが、これが上手くはいきません。

ストレスという大きな敵が潜んでいます。お金のために辛い仕事をしていると、そのお金をドバっと使ってしまうことがあります。

ストレスがたまっている時など特にそうなってしまいがち。浪費に走ってしまうんですよね。せっかく貯めたお金を、馬鹿な事に使ってしまいます。

衝動買いなんかですよね。ツルッ欠に使ったとしても、「明日また稼げる」と思えば、ついついお金使いが荒くなります。全然お金が貯まらないなんてこともあるのです。

ストレスが食欲に出てしまうと仕事になりませんから、そういう事には現れないのですが、周りも見ても「浪費」に現れている人は多く見られます。

どうやって日々のストレスを発散させるか、これが風俗で働いて、なおかつきっちり貯めるための課題ではないかと思います。

そのコントロールが自分で出来ていると、目標を持って働けるような気がします。ホストにハマってしまう子もいますね。ホストも成績が命ですから、容赦なく使わせます。

しかも金の切れ目が縁の切れ目ですから、根こそぎ持っていってしまいますよね。そうなるとホストにハマった女の子はお金なんか貯められません。